http://fujikuns.blog.jp/

6f612219.JPG日曜日の今朝、ちょっと寝坊、布団の中で新聞をと パジャマのまま玄関脇ポストから朝刊を取り、フト16日に紹介した、我が家の玄関前、敷石脇のタンポポが気になり見ると人に踏まれもせず、見事に旅たちを迎えていた。
 近所の田んぼの畦道で、つみ取り。思い切り息を吹きかけた幼い頃を思い出し、その衝動に駆られたが、今はその田んぼもすっかり、住宅地。
 思いとどまり、そのまま自然に任せることとし、デジカメに収めた。

a18b4b6e.JPG今朝、近所の小公園まで散歩に出掛けた。つい先日通りかかった時には、咲いてな かったが、今朝は公園内藤棚の藤が咲き始めていた。 
家にいったん帰りデジカメを持って再度訪れカメラに収めた。
今年は一昨年ほどでないとしても、季節の移ろいは早いようだ

313bb2eb.JPG亡き妻の眠る我が家の菩提寺、延命寺。明日18日。花供養「ぼたん祭り」が開かれると聞いて、ぼたんの花を見に散歩がてら出かけた。
 昨年は確か、4月下旬の日曜日で、まだ見頃を迎えていなかった。今年は既に最盛期を過ぎていたが、見事に咲き競っていた。約50種2千株のぼたんが植えられているとのこと。すでに、パンフレットを手に、見物のグループ客が訪れていた。明日は10時から花供養が行われるという。この好天は明日もが続く予報なので、大勢の見物客で境内はにぎわいを見せることだろう。

fbe4edf4.JPG昨夜、カメラ好きの友人から、花の写真とともに、近況を知らせるメールが届いた。今回は、くまがい草とボタンの花であった。カメラも一眼レフデジタルカメラ、キャノンEOS10D。カメラも高級だが、腕も確かですばらしい写真であった。彼の家の 広い庭には、四季それぞれに、楽しめる花卉が植えられている。
 お返しにこちらも花の写真で、と考えたが、無いに等しい荒れ果てた狭い庭。見渡しても咲いている花、一つもない。
 今朝、フト玄関前敷石の間に数輪の小さなタンポポの花が咲いているのを見つけた。接写で撮れば立派に見えるだろうと、デジカメで撮影。
 早速メール添付、お返しとした。
 ここ数日、初夏を思わせるようなさわやかな晴天が続いて、週末は絶好の行楽日和と天気予報は伝えている

dc1f3661.JPG伊勢原市渋田川の芝桜には及ばないが、酒匂川の芝桜。平成8年から緑化推進活動により始まったそうで、昨年ようやく左岸の土手の整備が終わり、今年は上流新十文字橋から旧十文字橋を挟んで小田急鉄橋の下流、川音川合流点までおよそ500mの土手に芝桜が咲き競いお見事。
地元ミニコミ紙に今年初めて記事が掲載されたので、そのうちに有名になり多数の見物客を集めるようになるのでは?

46b0a538.JPG友人から、友人宅近所を流れる渋田川、満開となったさくらと土手の芝桜が見事。とデジカメ写真を添付でメールが来た。実物を見たくなり、好天の今日、出かけた。
 伊勢原駅からバスで10分ほど、上谷地区渋田川土手600mにわたってさくらに似た白や紅色、紫の花が見事に咲き競っていた。川面には、そろそろ散り始めた桜の花びらが、ゆっくり流れ、のどかな周りの田園風景とあいまって、春爛漫の季節を満喫したひとときをだった。

c8d0f9a8.JPG好天に誘われ、散歩に出かけた。フト上空を見上げると、西へ向かう飛行機の航跡に、飛行機雲が続いていた。飛行機雲が幅広く広がると天気は下り坂といわれているが、見事に広がらず、思わずデジカメを向けた。飛行機雲は−30度C以上低温でないと発生しないといわれているし、航跡通り細く続いているのは、空気中の水蒸気が多いためでなく、ジェットエンジンからの排気に含まれる水蒸気のためと思われ、天気の下り坂の兆候ではない。地上はもうすっかり暖かい春だが上空にはまだ冬の寒気が居座ってるのだろう・・・
 そういえば数日前の新聞に国内空路が直線ルートに近く短縮され、福岡行きなど大島経由でなく羽田から直線ルートの最短航空路を開設するとの記事があった。
地図上で直線を引けばちょうどこの上空を頻繁に通ることになり、飛行機雲の見られるチャンスも増えるかも(4月6日)

このページのトップヘ