http://fujikuns.blog.jp/

b6ad716e.JPG最近開発され、観光客はもとより、地元の人の人気スポットにもなっているそうで、実はフト感じがニューヨークの観光スポットであるサウスストリートシーポート Pier17 Pavilion に そっくり、建物の規模は小さいが 
 地ビールレストラン 海鮮市場 おしゃれな小物を売る店 など よく似ていて、ビックリした

36d3b141.jpgまだまだ 冬の北海道ですが、暖かい好天に恵まれ
函館山ロープウエイ(自動車道は冬季通行止め)で昼と夜の2回のぼり山頂からの景観を楽しんでまいりました

5a160c99.jpg新幹線「はやて」特急スーパー白鳥」で、約6時間53.85kmの青函海底トンネルを抜け、函館に行ってきました。

f35cc487.JPG私の机の上には、小さな透明なプラスチックの容器に入った、ゼリービーンズが置いてある。
 ときどき、一粒つまむが、あまりおいしいとは思わない、見た目はキレイなので、机上においてある。無機質なパソコンのそばにあって、飾りにはなっている。

 明日から、列車で、函館へ 旅行に行く
ケイタイからブログへ写真・記事が送れるようだが
なにも、旅行中は旅行を楽しむことにし、帰宅後更新することにする従って来週は更新はお預けです。

 大相撲の升席でのたばこは吸い放題だそうだ。
14日から開かれる大相撲春場所の升席も禁煙ではない 「プロ野球のスタンドや映画館などは既に禁煙となっている。升席での喫煙は(公共の建物内での分煙を定めた)健康増進法にも違反している」と禁煙団体が相撲協会に要望。とニュースにあった。
 東京・両国の国技館では土俵際と2階のいす席が禁煙だが、升席だけは飲食や喫煙が自由。春場所や九州場所なども同様で、協会からの返事はないそうだ。升席での飲食はいいとしても、喫煙を認めているのはどうかと思う。絶対禁煙とし、必要ならば喫煙場所を定め、分煙化を図るべきで、決して伝統に反することではないと思う。

今までホームページ上にあった「ひとりごと」を廃止することにしました。過去2年間の雑文のうち一部をここに転載しました。

九九の話 2002,4,5

朝、家の前の道路がいやににぎやかだ。ああ今日から学校が始まったのだ。2週間ぶりに通学路になっている前の道が活気を取り戻した。ふと、昨夜寝つかれないまま、読んだ国語学者の金田一 春彦先生の「ホンモノの日本語話してますか」を思い出した。一節に日本語だから九九を覚えられるとあり冒頭に日本語ではいち、に、さん、し。と じゅう まで行くじゅう と いち
を足すと「じゅういち」になる。こんな覚えやすい数の表し方は欧米ではない。なるほど英語でテンとワンを足して テンワンとは言わない。また 日本には九九というものがあり、小学校2年生で掛け算が出来てしまう。欧米では九九にあたるものがない、だから式を丸暗記にするしかない。したがって、掛け算は不得意だ。そういえば、今年度から小学校も週休2日になる。最近、子供の学力低下が騒がれているようだが、大丈夫なのかな?学校へ向かう小学生の列を見ながら、考えた。なんだ、今は電卓があるじゃないか。パソコンもあるし、自分で納得してしまい、一人で苦笑いしてしまった。 

ところ変われば 2002,7,12

 先週の日曜日、所要のためJR御殿場線に乗る機会が会った。休日朝のためか、2台の券売機は、切符を求める乗客で行列が出来ていた。沿線のゴルフ場に行くのか、初老の紳士のグループが、この券売機は故障だと騒いでいる。金額表示欄の金額が全部点灯している。駅員が呼ばれ
たが、苦笑して、お金を入れて見てください と言っている。渋々何枚かのコインを入れた
その金額を示す欄までが再点灯しそれ以上の金額は消灯した。御殿場線はJR東海である。
分割民営化され10年以上経過。券売機もJR東日本とは、形式が変わってきたのが戸惑いの原因だった。中型のボストンバックをかかえたグループは、山間の谷峨駅で、ゴルフ場からのマイクロバスに乗り込むのを車窓から見送った。最近はゴルフ道具は宅配便で先に送るのか、身軽にゴルフ場に向かうようになった。

ミカンの北限 2002,11,4

昨日、松田山に登った際、ハーブ園周辺のミカン畑。たわわに沢山の実をつけた木々を見てフト中・高校時代を思い出した。学校のすぐ北側に弘法山があり、度々頂上まで登らさせられた。途中南斜面には今は住宅地となり無いがミカン畑があった。そのミカンの木の貧弱だったこと木も小さかったが実も一本に数個しか実ってなかった。なにしろ丹沢山塊を背にした盆地の土地柄松田と比べ、冬の寒いこと。なにしろミカン畑のあることさえ不思議に思った。会社勤めで東海道線で通勤するようになり温暖な大磯までの線路の北側、南斜面には松田と同じ秋になれば、黄色いたわわに実るミカンが眺められた。花水川を越え平塚に入ると途端に庭木にもミカンの木があまり見えなくなる。このあたりがミカンの北限かなーと思った。この雑文を書くにあたりミカンの北限をインターネットで調べたら下記のURLに、ある新聞に茨城県内のミカン狩りの記事があり「北限ミカン」とキャッチフレーズがあった。とあるので、この辺までは採算は別としてミカン栽培の北限とは、驚いた。興味のある方は下記URLをご覧下さい。
http://member.nifty.ne.jp/BXP05442/j4_141mika.htm

松田山のみかん続きを読む

この文章は,小生のホームページ上に発表したものをもとに,加筆訂正したものです 
 私は53歳のとき,禁煙に成功した。タバコをやめた直前は一日60本吸っていた、それまでは何回か禁煙に挑戦し失敗の繰り返しだった。失敗するごとに本数は増えた。
 当時禁煙パイプが発売され、「私はコレで会社を辞めました」の特異なコマーシャルで、ヒット商品になった時代だった。勿論これも試して見た。
 また職場で宣言し高級喫煙道具(デュポンのライターなど)処分。コレも失敗した。
成功のきっかけは、当時健在だった家内の親父の一言だった。親父は無類のタバコ好きで,ある日,実家訪問のとき,タバコを勧められた「禁煙しましたので・・」と断った。それから,半年後、実家訪問の時 親父と雑談の際,タバコに火をつけたら、「おや,禁煙したのでは?」と問い掛けられ,言葉に窮した。・・なんて意思の弱いやつだな・・と思われたかと冷や汗ものだった。それと新聞の記事の、禁煙のための発想転換の勧めだった。
 まず禁煙の宣言はしないこと、ひっそりやめる。今日一日タバコを吸わなかろうと決め、翌日になったら、一日我慢できたからもう一日我慢してみよう、もう永久に禁煙しようなど決めないことだ。ということだった。それでも一週間はつらかった。
職場の皆が気が付いたのは、一か月くらいたってからだった。 でも飲み会、付き合いマージャンの時などは、つらかったが どうにか乗り切れ禁煙に成功した。成功のきっかけとなった、家内の親父はもういない。親父の墓には好きだったタバコが時々供えられている。
 今。私はタバコが大嫌いだ。
続 禁煙のこと
1. 2000年夏、ニューヨークより成田へ全日空直行便に友人4名と搭乗した時のこと、順調に飛行を続け5時間ほど 経過、カナダ西部上空を飛行中。突然機内のアナウンスで乗務員からトイレの中でタバコをお吸った方がおり、煙感知器が作動した今後このようなことがあれば直ちに最寄空港に緊急着陸し喫煙された方は降りていただきますとアナウンスがあった。同行5名のうち喫煙者は一人。4名の視線は喫煙者の一人に一斉に目が向いた。彼はあわてて俺が犯人ではないよと弁解しきり・・・・勿論彼ではないことはわかるが大笑い

2、夕方の小田急新宿駅特急発着ホームでのこと、殆どの特急が折返し運転のため、車内清掃が 一旦扉を閉めて行われる。全席指定のため、何も慌てて乗ることはないのに、扉の前に大の大 人が列を作っており掃除が終わりドアが開くと待ちかねたように乗車する、ホームで不審に思って見ていたら、指定の席に座ったとたん、タバコに火をつけ旨そうに吸い出した姿を見た。
  ホームは全面禁煙、特急車内はOK(勿論禁煙車を除くが)何かおかしくはありませんか? 
 航空便は国内・国際線とも 全席禁煙。小田急特急は2時間足らずの時間なのに原則喫煙なのはどうかなと思う。
  

このページのトップヘ