IMG_6407デジカメ復調 インスタ映えで商機、7年ぶり出荷台数 スマートフォンに押されて落ち込みを続けたデジタルカメラの販売に、復調の兆しが出てきた。カメラ映像機器工業会が1日に発表した国内メーカーの2017年の出荷台数は、前年比3.3%増の約2498万台で、7年ぶりに増加に転じた。追い風になったのは、流行語にもなった「インスタ映え」だった。ようだ。写真が趣味の、ふじくんにとっても、うれしいニュース。交換レンズの関係で、所有カメラ 6台のうち、3台が交換レンズ、そのためマウントの関係で、Canon製品。レンズは共用できる。やはり、スマホ・ヒューチャーフォンのカメラも 記録・メモ代わりには 便利」でいいが、やはり写真は 専用のカメラに限る。さて、その「キャノン」だが、勿論。独自のキャノン愛好家のための、サービス、最近。愛用者のためのサービスに力を入れてきたようだ。交換レンズを模した、マグカップなど。以前は、ステッカー くらいしか、無かったが?変ってきた。今後に 期待しています。
=2231=